2019年1月26〜27日 雪山教室 伊吹山

0

     

    雪山教室終了山行は始まってしまった。
    今週末は太平洋側でもまれに見る大荒れ、との予報。

    絶好の雪山日和ばかりが雪山教室ではない、とはわかっていている。

    たとえ山頂に到達できなくてもテント生活の厳しさを体験することに意味がある。覚悟は出来ていた。


    登山口は、もちろん雨。一合目、薄っすら晴れ間が見え三合目からは雪景色一色。天は味方してくれているようだ。

    壺足で五合目へ。避難小屋裏の傾斜地を平らにしてテント設営。

     

     

    ガス屋敷さんご用達のスノーソーの軽やかな切れ味に喜んでしまう。

    だが、和やかなのはここまでで、気まぐれな雪山は突然暴れだす。

    手のかじかみと顔を直撃する雪粒の痛みとで座学で習ったはずのテントの張り方が思い出せない。

    張りかけのテントを吹き飛ばされぬよう何とか押さえ、ポールの先をハトメの穴にはめ込むのに一苦労。

    雪の重みがますます設営のじゃまをする。

    スタッフの皆さんのおかげでようやくテントは完成。

     

     

    ピッケルとストックを吹き曝しに突き立て、我々はザックとともに雪を落としてテントの中へ。

    濡らさぬようにテントに入室するのもひと苦労だ。
    噂の水作り。

     

     

    鍋に山盛りの雪を加熱しても、鍋底にわずか1僂里湯。えっ!気が遠くなる。ちりも積もれば…で、やがて水はプラクティパス2袋に。そして暖かい夕食にありつけた。


    テント場は、我々以外誰もいないはず。

    隣のテントから漏れ聞こえる会話も雪山教室の醍醐味。

    思い出しきれないくらいたくさんの雪山の基礎知識、豆知識、ウラ知識をたっぷり堪能できた。

     


    二日目、4時起床。トイレは雪で埋まっていた。一晩中降ったようだ。

    今朝の登頂には支障なし。

    朝食後テント内でワカン装着のレクチャーを受け、ビーコンの実習をして8時出発。

    山頂を踏めるかはわからないが、10時をリミットに。

     

     

    昨日と比べ他のパーティも多く、トレースを壊さないように足の置き場に気を付ける。

    六合目以降は傾斜が変わりワカンが緩んできたのか、爪の食い込みが微妙に違ってきた。

    何度も空振りし焦って1m、2mとずり落ちると、私だけこの場で終了か?と不安になる。

    9時50分、八合目到着。あと10分で山頂は厳しいか?難しい判断。

     

     

     

    寂しい気もしたが、アイゼンに履き替え下山。テント場に戻りテント撤収した後、再びアイゼンをつけて、二合目へ。

    その後は嫌などろんこ道を滑りそうになりながら、昨日スタートした登山口へ。

    2日間でやっぱり雪道の方が断然好きになっていた。
     

    行動記録
    26日(土) 近江長岡9:27=伊吹登山口10:05〜五合目12:53−テント設営−水作り−夕食作り
    27日(日) 起床4:00−朝食−ワカン・ビーコン実習−五合目8:00〜八合目9:50〜
    五合目11:05−テント撤収12:00〜伊吹登山口14:00=近江長岡15:06

     

    以下は雪山教室参加者の感想


    雪山教室を受けると決めてから厳しさは覚悟して挑みました。堂満岳では2度もアイゼンが外れてしまい戸惑ってるところ先生達の温かい対応が凄く嬉しかったです。
    先生達の丁寧な指導のおかげで楽しみながら終了出来ました。
    (oh宅)

     

    雪山教室が近づくにつれ、いろんな不安が出てきてドキドキでしたが、座学・アイゼントレ・歩荷トレ ・堂満岳・伊吹山テント泊の全てが楽しかったです。
    正直、雪山のテント泊なんて私には無理…って思っていましたが、実際にテント泊中は寒さも感じず、快適!楽しい!
    テント場作り、トイレ作り、雪を溶かしてお水作りも初めての体験。
    講師の方々 スタッフの方々に、楽しませていただきながら丁寧にいろんな事を教えていただき大感謝です。雪山教室を受講して本当によかったです。(H根)    

                                 

    雪山教室に参加して今迄知らなかった事を教えて頂き体験をさせてもらってとても勉強になり楽しかったです。
    冬のテント生活は初めてで想像以上の寒さに驚きましたが、今後どの様なものが必要か確認できてよい経験になりました。
    雨の中の堂満岳も少し過酷ではありましたが良い経験になりました。(N東)

     

    雪山は軽アイゼンで行けるところまでで充分と思っていましたが、雪山の話を楽しそうにされている人たちがだんだん羨ましくなり、思いきって雪山教室を受講させていただきました。
    座学、アイゼントレ、堂満岳トレーニングに参加しました。
    初めて履く12本爪に四苦八苦しながらスタッフの先輩方に指導していただき、楽しく受講することができました。
    終了山行伊吹山は体調不良で不参加となりご迷惑おかけしました。
    とても残念でしたが、これから少しずつ雪山の世界を広げていければと思っています。
    スタッフの皆様、受講生の皆様ありがとうございました。 (I原)

     

    今回、雪山教室に参加させて頂き、堂満に行った時、アイゼンを履いて雪道を歩くのがこんなに難しいものだと思いませんでした。それにピッケルの使い方が分からず大変でした。私は最後の伊吹山テント泊山行に仕事の都合で参加することが出来なくて残念でした。もし来年機会があればテント泊をしてみたいと思っています。
    (M村 義人)


    夏山、岩登りそして雪山教室に参加できました。入会したころからは、夢のようです。まだまだ私は雪山をやっていけるのか?と思っています。今回は運よくテント生活の楽しい部分だけを味あわせて頂き本当の厳しさを知らない。昨年受講された方々が、スタッフとして見事にご活躍されている。その頼もしい姿にやはり迷ってないで、どんどん次の雪山に行かねばならないと思いました。
    ガス屋敷さんをはじめ、雪山教室に関わって下さいました全てのスタッフの皆さんに感謝いたします。
    (Oか)

     

    (Oかさんの報告書よりほぼまんま掲載)

     


    2019年1月20日 雪山教室 堂満岳

    0

       

      当日は気温も高くあいにくの雨。スタート地点の比良駅から雨具を全て装着して出発。
      どの辺りから雪が現れるかと心配しながら登りましたがノタノホリを過ぎ東陵道を20分ほど進んだ辺りから雪が現れる。
      早速アイゼンを装着して歩行再開、真新しい靴にアイゼンを装着し慣れない靴の重みや雪を踏み抜いたりと夏道では起こり得ないような事に苦戦されるかと思いましたが受講生の皆さんは普段からしっかり鍛錬しているらしく、しっかりした足取りで山頂まで歩き通すことができました。
      少し雪の量が少なく滑落停止・ワカンを使っての訓練など出来ませんでしたが、それを除くと有意義な1日になったと思います。

       

      (N山さんの報告書より)

       


      2018年12月9日 雪山教室 アイゼントレーニング

      0

        雪山教室座学、歩荷トレーニングを終え、アイゼン、ピッケルを使った実技講習へ。

         

         

         


        最初はピッケルが邪魔で登りづらいという声がちらほら聞こえましたが、徐々にどの辺りで支えれば力が掛けやすいかいろいろ試し、コツをつかまれたようでした。
        前爪を使って登る練習では講師から踵が上がらないようにとアドバイスを受け、意識しながらみなさんスムーズに登られていました。
        ピラーロックでフラットフッティングやトラバースの練習、その後第一堰堤でテントの設営をして終了。


        次回はいよいよ雪山での実技、堂満岳日帰り山行です。


        2018年12月8日 雪山教室歩荷

        0

          12月8日、雪山教室歩荷です。


          芦屋川9時スタート。
          公園で、委員長自ら計り持参で計量実施。

          男子20キロ以上、女子15キロ以上、皆クリア。

          唯一の男子M村さん25キロ強の荷物を担い、頑張ります!
          2チームに分けてスタート。

           

           

          順調に歩を進め、風吹岩にてやっと一息…。

          ここまできたら、暫くは緩やかな道が続き、和気あいあいと歩きます。

           

           

           

           


          一軒茶屋にて、風に吹かれて寒い中、昼食を取り、有馬へ下山。
          皆さん、お疲れさまでした〜。

           


          2018年12月2日 雪山教室 座学

          0

            平成最後の雪山教室です。
            12月2日座学からスタート。

             


            実行委員長のM屋敷さんの進行でまずは自己紹介。

             

            (おおっ、Nかさん…よろしくお願いしときます。

            Mぉくんが実行委員長やったか大(^◇^;) …頑張ってよ〜)

            ブログ担当の妄想でありました。(^_^;)

             

            (講師のオハコ、気象のお話ですね。ヨロシク〜〜)

            受講生の方々は、講師陣の話を真剣に聞きつつ…、質問も飛び交い、大変熱心に受講されていました。

             

            テントは、新品のステラリッジ6テン。

            皆で設営し、M村さんにもやい結びの仕方を教わり、紐を取り付けました。

             

            さあ、次は歩荷です。頑張りましょう!

             


            2018年11月11日 読図講習 実技2回目

            0

              実技2回目は北摂・水無瀬渓谷周辺の山にて実施

              前回の六甲とは異なりほとんど踏み跡は無い

              今回もオリエンテーリング方式で目標地点を目指す

              台風の爪痕は酷く、倒木で埋め尽くされた谷も

              なかなか前に進まない

              倒木で埋め尽くされて地形が全然見通せず難易度高し

              この谷の合流点から次の目標地点のピークを目指す

              尾根Aから目指すパーティーと尾根Bから目指すパーティー、

              そしてその間の谷を詰めて目指すパーティーに分かれて行動。

              最後は急な尾根を下り林道へ

              地形図・コンパス・周りの地形から狙い通りの場所に降り立った事を確認して終了。


              2018年11月3日 読図講習 実技1回目

              0

                今回の読図講習は、一昨年開催した読図リーダー養成講座の修了者が講師として参加。

                机上講習3,4回を経ての実技1回目は六甲・宝塚にて実施。

                講師が設定した目標地点を順番に回るオリエンテーリング方式でルート設定

                目標地点は「当然ながら」登山道から外れた場所に設定。

                地形図を細かく読み込み、コンパスを駆使してポイントを目指す

                道は無いので疎林や藪を越えて行く

                次のポイントへの移動ルートは各人で考える。

                同じルートを選定した者同士でパーティーを組んで移動。

                尾根を経由する人、谷を経由する人、コンパスでひたすら直進する人…

                こちらは谷経由。道なき道を駆け下る。

                一日かけて地形図から細かい地形を読み取り、

                コンパスを駆使して道の無い里山を歩いた成果は???

                 

                「逆瀬川駅へ行く道はこっちですよ」

                と住人に道間違いを指摘されるというオチで終了(笑

                 


                2018年10月21日 岩登り教室 御着の岩場

                0

                   

                  第3回目の教室は御着の岩場でフリー

                   

                  潰れるまで登ってもらうがスローガン、笑

                   

                  備オジ塾、開校!!

                   

                   

                   

                   

                  お天気最高ぉー、気持ちいい

                   

                   

                   

                   

                   

                  まずは東面から

                   

                  10月の御着は灼熱、それでも受講生は登り続ける

                   

                  塾長すでに暑くて午前でダウンぎみ…

                   

                   

                   

                  お昼からも暑さにめげず西面へ

                   

                  御着へ来たなら、ほどよくショボい播磨平野と高度感を味わって頂きたいと

                   

                  塾長たっての希望

                   

                   

                   

                  スタッフにも塾長のゲキが飛ぶ!!

                   

                  足裏感覚を磨くべしー ベアフットクライミング

                   

                   

                   

                   

                   

                  最後は南面のスラブで仕上げ

                   

                  受講生誰一人も潰れることはなかった、笑

                   

                  備オジ塾卒業

                   

                   

                  初心者は足首や足先が上手く使えず足裏感覚が未熟だ、

                   

                  時間があれば裸足でやってもらうのも良かったのかもね

                   

                   

                  次回は最終の荒地山、頑張れー

                   


                  2018年10月20日 岩登り教室◆)莱峡

                  0

                    岩登り教室二日目は蓬莱峡で実際の外岩を登って貰います。

                    まずは小屏風をトップロープで。

                    脆いので気をつけて登ります。

                    大屏風の隣では懸垂下降の練習。

                    皆さん繰り返し練習できました。

                     


                    2018年10月13日 岩登り教室 /生妖仍蓋修所

                    0

                      今年の受講生は3名

                       

                      まず室内でロープワーク学習。

                       

                      フィッシャーマンズノット。みなさんさくさくと!すごいです(*^_^*)

                       

                      八の字結びの練習

                       

                      午後からは外に出て実習

                      室内の時とは違い高度感がありますね。

                       

                       

                      懸垂下降

                       

                      トップロープにて登る準備中。

                      お互いの確認はしっかりと。

                       

                      ずっと台風続きで天気が心配でしたが、快晴に恵まれました。

                      次は蓬莱峡に出て実際の岩を登ります!

                       

                      怪我なく頑張っていきましょう!

                       


                      | 1/8PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>

                      山歩渓ブログにようこそ。

                      クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
                      BLG 山歩渓山岳会クライミング

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM